30歳の頃、初めてチベット文化圏に入った時に本物の「美」を感じた。

それは、今まで思っていたものとは180度 違う世界観で衝撃だった。

当時は、どうしたらいいのかわからなく、そのバランスを取るため山に通い続けた。

あれから20年近くたち、私は今もチベット文化圏、特にドルポに惚れ込み通い続けている。

2020年3月、ドルポ越冬122日間から帰ってきて、

本物のヘナ『eco veda」に出会い、初めて「ヒマラヤ」とリンクした。

やっとつじつまがあったような気がした。 

​本物の美しさ、ヒマラヤ、ネパール、チベットが教えてくれた「美」がここにあった。

写真の山は、ツォ・カルポ・カン(6556m)、
ヘアースタイルは、シャールピィ編みでカルポ姿、
ドルポの伝統的なヘアースタイル。

シャールは「髪」、ピィは「編む」で、
カルポはツォ・カルポ・カンの北壁の岩壁の縦縞の模様。

煩悩の数だけ108編む、古典的な女性の髪姿です。

色が変わっているところから下の髪は、先祖代々受け継がれているようです。

現代でいうエクステンションのように、編みこまれていた。

実はヒマラヤの奥地からはじまっていたのか?!

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle

© 2021 Dolpo-hair Oganic henna   &   Kaori Inaba

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now